ブログ

オスグッドについて

オスグッドについて

こんにちは!
小山施術所の小池です。

今回はスポーツをやっている若者に多いオスグッド・シュラッター病について解説していきます。

◆原因◆
10~15歳ので成長期の子供がバスケットボールやサッカー、バレーボールなどの走ったり跳んだりするスポーツで下肢の筋肉を酷使すると発生します。
ももの前にある大腿四頭筋(だいたいしとうきん)は、膝の曲げ伸ばしをするときに重要な役割を担っています。オスグッドは、この大腿四頭筋の使いすぎや柔軟性の低下をきっかけに症状が出るケースがほとんどです。

大腿四頭筋は膝のお皿(膝蓋骨、しつがいこつ)を経由して、脛骨粗面(膝のお皿の下の出っ張り)に付着しています。サッカーやバスケットボールなどで膝を伸ばす動きを繰り返し行っていると、大腿四頭筋に膝蓋靱帯を介して付着している脛骨の結着部が強く引っ張られる状態が続きます。その際に、骨端軟骨の一部に剥離が起こることで発症します。

子どもの骨は、やわらかい骨から硬い骨へと成長する過程にあり、どうしても不安定な状態です。
また、骨の成長スピードに対して筋肉や腱の成長が追いつかず、アンバランスな筋骨格構造になっています。

そこに過剰な運動による負荷が加わることで、膝の痛みが起こると考えられています。


◇予防と治療◇
・強い痛みなどの症状が出ている場合には2~3カ月の安静にして痛みが取れるのを待つのがベストです。
・痛みを我慢して無理に動かしていると最悪手術が必要になってしまう可能性がある為、無茶は厳禁です。
・オスグッドは成長期が過ぎれば自然治癒しますが、成長期に無理をしていると大人になってからも激しい運動をしたときなどに痛みが出るなどの後遺症が残る為、成長期にしっかりと治療することをお勧めします。

・オスグッドは保存療法が適用されます、痛みが強い時はアイシングをして患部をしっかり休ませて痛みが引いてから大腿部のストレッチを行い、筋肉の柔軟性を向上させ再発予防を行いましょう。

今回はこれでオスグッド・シュラッター病の解説を終わります。
それでは皆様元気にお過ごしください。
2022年04月28日