ブログ

妊娠中でもマッサージできるの??(3)

妊娠中の体調トラブルってどんなものがあるの??

こんにちは!
フレアス在宅訪問マッサージの浜田です☆彡

今回は前回に引き続き
妊娠中の体調トラブルと対処のアイデアについて書いていこうと思います。

妊娠中は時期によって体が大きく変化していくため、いつもとは違った
体の不調に見舞われる場合があります。

妊娠中の主な体調トラブルを5つご紹介していきます。
体調トラブルの対処のためのアイデアも合わせてご紹介しますので、
活用できるものがあればぜひ取り入れてみてください。

①つわり
吐き気や嘔吐の症状が伴うつわりは、妊娠初期の頃に
出現しやすいと言われています。

原因は、「ホルモンの影響」「胃腸の働きの低下」「体質の変化」など
諸説ありますが、はっきりした原因は医学的には解明されていません。

〜❶つわりを和らげるアイデア〜
東洋医学的には、胃にこもっている熱が上昇して
吐き気を促すと言われています。

胃の気を下げるようにするとつわりが楽になる場合があり、
これには〈足三里のツボ押し〉が有効とされています。

☆足三里のツボ押しマッサージのやり方☆
ひざのお皿のすぐ下、外側のくぼみに人さし指をおき、指幅4本
そろえて小指があたっているところが足三里です。
この部分を気持ちいいと感じる適度な強さで数回押します。

➁むくみ
妊娠中はむくみが気になる妊婦さんが多く見られます。
その原因として考えられるのは、

・妊娠30週前後に体内血量がぐっと増え、血液中の水分が
細胞にも渡り、むくみを感じやすくなる
・お腹が大きくなり、足の付け根の静脈が圧迫されて
血液が心臓に戻りにくくなり、足がむくむ

などと言われています。

〜❷むくみを和らげるアイデア〜
A:ふくらはぎのマッサージ
妊娠中の足のむくみにはふくらはぎのマッサージ が有効と言われています。

☆やり方☆
・妊娠初期でお腹がまだあまり大きくなく足首まで手が届くようなら、
下から上に向かってさするようにマッサージを行います。
・お腹が大きくなったら横座りになり、側面や後ろ側から
ふくらはぎを下から上にさすってマッサージ しましょう。

※自分ひとりで行うのが難しい場合は、絶対に無理せず
家族や施術者にマッサージ をお願いして下さい。

B:寝る時などに着圧ソックスを履く
着圧ソックスは特殊生地を使用した靴下で、足首から太ももへと
適度な圧をかけることにより、むくみ感をスッキリさせる
効果があると言われています。

③睡眠不足
妊娠中は「眠れない」「眠りが浅い」といった声がよく聞かれます。

また、妊娠後期に入るとお腹がぐっと大きくなり、
胎動で目が覚めてぐっすり眠れず、睡眠不足に感じるケースも。

妊娠中に睡眠不足だと感じた場合は、昼間の時間で横になれる時に
仮眠を取るにように心がけましょう。

横になって目をつむっているだけでも体力はある程度回復しますから、
どうしても眠れない場合にも焦らず、無理に眠ろうとせずに
ゆったりと横になるようにしましょう。

〜❸睡眠不足を和らげるアイデア〜
・抱き枕を睡眠時やマッサージに活用する
抱き枕は、眠る際の妊婦さんの体を支えて寝やすい体制に
補助してくれるので、安眠効果を期待できます。

また、腰痛や下半身のむくみにお悩みの妊婦さんも、抱き枕を
足に挟んで眠ると足が自然と心臓より高い位置になり、
血液が心臓へ戻るので、症状の緩和につながり眠りやすくなります。

足や腰をさするマッサージ を自分で行う場合にも、
抱き枕を活用すると行いやすいでしょう。

抱き枕は、自分の体にフィットする抱き心地の
よいものを選べると理想的です。自分に合ったものを選んで、
睡眠不足の緩和に役立ててください。

今回だけで5つ紹介しようと思っていたんですが、
予想以上に長くなってしまいました。
ですので、残り2つのトラブルと対処のアイデアは
次回に書こうと思います。

それでは、皆さま今日もお体お大事になさって下さい!
2022年07月18日