ブログ

熱中症になってしまったら?

熱中症の応急処置

こんにちは!
小山施術所の小池です。
今回は前回に続いて、熱中症になってしまった時の対処方法をご紹介していきます。

◇熱中症の応急処置◇
熱中症が疑われる時には、適切に応急処置をする必要がありますが「意識がない、もしくは意識がはっきりしていない」場合はすぐに救急車を要請しましょう。
また、救急車が到着するまでの間に現場での応急処置も必要となります。
救急車を呼んだ場合もそうでない場合も、現場では速やかな処置が必要です。症状や重症度に関わらず、熱中症が疑われる時には涼しい場所へ移動し身体を冷やすことと、水分と電解質を速やかに補給する必要があります。

①涼しい場所に移動する
風通しのよい日陰や、できればクーラーが効いている室内などの涼しい場所へ移動しましょう。

②身体を冷やす
・衣服を脱がせたり、きついベルトやネクタイ、下着はゆるめて身体から熱を放散させます。
・露出させた皮膚に冷水をかけて、うちわや扇風機などで扇ぐことにより体を冷やします。
・氷のうや、冷水で濡らしたタオルなどがあればそれを首の両脇、脇の下、大腿の付け根の前面に当てて皮膚のすぐ近くにある太い血管を冷やしましょう。

③水分補給をする
水分だけでなく汗によって失われた塩分補給も重要です。
スポーツドリンクなどを少しずつ飲みましょう。
急激に水分補給をすると腹痛を引き起こす場合があります。
一口ずつ口に含むようにしながらこまめに飲みましょう。
スポーツドリンクや経口補水液がない場合は水になりますが、塩分補給が重要です。

また、人に応急処置するときに「呼び掛けや刺激に対する反応がおかしい」、「応えない(意識障害がある)」時には誤って水分が気道に流れ込む可能性があるため、無理に飲ませることは避けて下さい。「吐き気を訴える」または「吐く」という症状がある時は、口から水分を摂らせることは適切ではないため、医療機関での点滴等の処置が必要となります。


若い人は体力がある為、応急処置で状態が回復してしまう場合があります。
しかし回復したと思っていても一時的な改善の場合が多く、再発の可能性は非常に高いです。
熱中症になったら、回復した後でも必ず医療機関の診察を受けましょう。

それでは今回で熱中症の解説をおわります。
皆様も熱中症には十分お気をつけてお過ごしください。
2022年07月29日