訪問マッサージとは

訪問マッサージとは

店長より 店長 より

外出や来院が難しい方に向けた訪問型のサービスをです。在宅マッサージが初めてで不安というご本人様、ご家族様や、ご利用者様に新たなケアを提案したいケアマネージャー様、ご施設ご担当者様も、お気軽にお問い合わせ下さい。スタッフが丁寧に詳しくご説明いたします。

国家資格保有者(あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師)が、ご利用者様のご自宅や介護施設等に直接お伺いし、お身体の痛み、しびれ、むくみ等の改善や関節の動きの回復、維持などを目的とした施術を行います。

ご利用者様のかかりつけ医によりマッサージの必要性が認められれば、医療保険(健康保険)の適用が可能です。
介護保険とは異なるため、介護認定の有無は問いません。

訪問マッサージとは

対象となる方

病気やケガ、加齢によって何らかの障害を負うなど身体的な不自由を抱え、自力での通院が困難な方が対象です。
筋麻痺、筋委縮、運動機能障害などの症状やその原因となる傷病をお持ちの方にご利用いただけます。
「医療上マッサージが必要」という医師の同意を得ることが必要です。

ご利用者様に多い
傷病の一例
骨折術後の後遺症、変形性膝関節症、変形性股関節症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、脊髄損傷後遺症、リウマチ、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、シェ―グレン病、関節拘縮、脳血管障害後遺症
症状または状態の一例 疼痛、しびれ、むくみ、運動機能障害、関節の可動域制限

施術の効果

マッサージにより病気やケガを治療することはできませんが、病気から起こる様々な症状・状態については改善することができます。

  • 筋力の維持・向上
  • 麻痺・拘縮がある人の関節可動域の維持・拡大
  • むくみ・しびれがある人の血液・リンパ液の循環の改善
  • 強度なコリ・疼痛がある人の痛み・筋緊張の緩和 など